「まさか自分が」

現在の自分の状況や心境を考えれば、誰かに内心を聞いてもらった方が良いし、話しをするだけでもおそらく大分違うだろうと言うと思います。
頭の片隅に一瞬だけ浮かんだことだって、危険な兆候だとも思う。
自分は大丈夫なんて言い方はおごりだし、いつ何時「まさか自分が」なんてことになりかねない。
分かっているのに頼る人を探すことが出来ません。
そもそも、聞いてくれる人を選ぶと言うか探すなんて状況がすでに情けないです。
ふと気が付いたら気軽に話しを出来る人すらいなかったなんてと他人事のように感じます。
その逆に、私に話しを聞いて欲しいという人もいないわけです。
人から強烈に嫌われているわけではないでしょうし、攻撃も受けていないけれど必要とされていない状況です。

コメントは受け付けていません。