駄目だったとき

長く生きて学んだこと。
嫌なことがあったら自分ができる限りの力を持ってして忘れること。
忘れるしかない。
それができない場合は考えないようにする。
考えないということは忘れたということと同じでしょう。
思い出すと恥ずかしく嫌な気持ちにしかならないことがあって混乱していましたが、なんとか自分自身で封じ込めようと思います。
だって、ひとりでグダグダと悩んだって仕方がないし。
相手がどう思おうが知らないよ。
そんなことを知ることもないだろうから考えない。
もしかするとこの事はあとあと響いてきそうな気もするけれど、その時はその時だね。
この出来事自体が封印されればいいけど、周りの人が封印しないかもしれない。
駄目だったときに考えることにして忘れます。