昔とは違って・・・・・・

1950年代はほとんど熱帯夜はなかったそうです。
なんて羨ましことなんでしょうか。
昼間の人間の体温くらいの気温に加えて夜まで熱かったら体がおかしくなりますよね。
最近、熱帯夜が急激に増えたのはヒートアイランド現象が原因とされています。
都市部の方が気温が高いわけですね。
何故、ヒートアイランド現象が起きるのか。
アスファルトが多いので熱をため込む
人工排熱 エアコンの排熱
高層ビル 風通しが悪くなって熱がこもりやすくなる。
太陽はまず地面から温める。
この地面を温めるのを抑えれば気温の上昇を抑えられる。
一般的な道路は黒いですが、保水性のアスファルトに変更しています。
雨を降らした状態で太陽があがっていく実験をします。
通常の道路は39.5度まで上がるが、保水性のアスファルトは33度程度でした。