深海生物いろいろ

水深200メートルのところにいる生き物を深海生物といいます。
200メートルだと太陽の光が届かなくなる
植物や植物プランクトンは光合成ができなくなる
ヌタウナギ。
無顎動物・・アゴを持たない
2500万年前からいる深海魚
名前の通り、興奮させるとヌタヌタとした透明の液体を出す。
自分を食べにきた相手の口やエラを塞ぐために出していて、相手が死んだら食べる。
ムチンといってオクラやモロヘイヤと同じもの。
その繊維質は他のものに利用できると化粧品業界などが注目している。
1億年前からいる、世界最古のサメの名前をラブカと言い世界で4例しかない。
人類ができる恐竜全盛期
目の前にいるものはなんでも噛もうとする。
口をあけて泳いでいて、岩などもずっと噛んでいる
妊娠期間が3年間